2014年09月13日

ルカイ族秘道−9:谷川大橋

Kodou-1397.jpg Kodou-1398.jpg Kodou-1399.jpg
【写真説明】2013年9月に完工した隘寮北渓を横断する谷川大橋、2009年8月、台湾を襲った未曾有のモーラコット台風の影響で壊滅した旧第一号橋の代わりに架け直された。高さ99メートルは台湾最高。この橋梁は同時に屏東県三地門郷(パイワン族が主)と霧台郷(西ルカイ族)との境界を形成する。左、並びに中央写真は、当該橋梁の山地門郷側出入口にある銘、左写真右奥に写る集落は、霧台郷霧台村に属する伊拉社区(日本時代のイラ社)、谷川大橋建設時に同時に谷川社区と改名した。谷川は如何にも日本風な名だが、日本人が付けたイラを嫌ったらしい。いずれにしても「谷川」の出所は調査中。右写真は霧台郷から望んだ谷川大橋。同写真右岸側が山地門郷側。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルカイ族秘道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

八通関古道西段-29

Kodou-1394.jpg Kodou-1395.jpg Kodou-1396.jpg
【写真説明】筆者別ブログ『台湾百岳』では、積雪を含む台湾冬季の様子を時折紹介しているが、古道ブログの方では、台湾の雪、氷の紹介は殆どしたことが無い事に気付いた。左写真は、中央金礦山屋と秀姑巒駐在所跡地を隔てている、荖濃渓源頭の一部を形成していると思われる沢、同写真左側岸が避難小屋、右側岸が駐在所跡、沢筋には中央写真のように結氷が見られる。右写真は、躑躅山駐在所―南駐在所間の古道脇の結氷した沢の一例。台湾の三千メートル峰山麓で冬季は典型的に見られる風景である。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

八通関古道西段-28:大水窟駐在所

Kodou-1389.jpg Kodou-1390.jpg Kodou-1391.jpg
【写真説明】左写真は大水窟駐在所の古道に接した部分、即ち駐在所入口方面から見た駐在所を囲む石塁、同写真奥の石塁に人の字型の組み合わせが顕著に見て取れる。中央写真は、曾ての避難小屋、完全に倒壊していた。日本時代の遺構にあらず。右写真は左写真の入口とは間反対側に設けられた石塁中の門。下掲左写真は、大水窟駐在所跡の慌ただしい踏査を終え大水窟に戻る途中で振り返った駐在所跡付近と東進する八通関古道。同写真の稜線奥に顔を覗かせているのは新康山。下掲右写真は、大水窟−大水窟駐在所間にある里程標。「托馬斯」まで9キロとあるが、実は、大水窟駐在所とトマス(ブヌン語で熊の意)駐在所間には、更に四つの駐在所(ミヤサン→マサブ→ササラビ→マシサシ)が配置されていた。二キロ弱の間隔であり、この距離の短さ=駐在所の多さは、八通関越嶺道路東段の一大特徴だ。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

八通関古道西段-27:州廳界

Kodou-1384.jpg Kodou-1385.jpg Kodou-1386.jpg
【写真説明】日本時代の台中州と花蓮港廳の「州廳界」を三枚掲載した。左写真は、中央奥に大水窟山屋を配し、左側が完全に干上がった大水窟池、右側手前が、州廳界跡、要するに階段である。中央写真は、その階段の細部。右写真は、背中を見せている筆者のすぐ右腕を伸ばした辺りの草原の中に引っ掻き傷様のものが見えるが、清代営盤跡。下掲左写真は、大水窟避難小屋越しに望む大水窟山東側稜線、頂上は見えていない。右写真は避難小屋内部。基本的に、中央金礦山屋と同構造。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 21:20| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

八通関古道西段-26:南駐在所−2

Kodou-1376.jpg Kodou-1377.jpg Kodou-1378.jpg
【写真説明】左写真は南駐在所跡地より大水窟山南陵を望む。実際、同駐在所跡地から頂上までのルートが見えているし、筆者一行が、躑躅山駐在所と南駐在所間に位置する登山口から登頂したルートと出遭っているのを確認している。中央写真と右写真は南駐在所を囲む石塁。中央写真は南側から駐在所内を、右写真は逆に駐在所内から石塁を撮影した。大陸工法の人の字型の組み合わせが観察されるこの石塁、中央写真の左側は20メートル、右側は45メートルが残存、石塁の高さは70センチと云った所か?下掲載写真は、同駐在所跡で見付けた水鹿と思われる頭骨。(続く)
Kodou-1379.jpg
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

八通関古道西段-25:南駐在所

Kodou-1380.jpg Kodou-1381.jpg Kodou-1382.jpg
【写真説明】躑躅山駐在所と大水窟間の古道上には道路路肩を保護する為、古道開鑿時に築かれた精緻な石塁が今でもそのまま残存している箇所が多いことに気付いた。今回の記事ではその三例を掲載した。八通関古道西段で筆者がこれまで目撃した中で最も精緻を極めたと感じた石塁は下掲のバナイコ駐在所跡と八通関大山登山口間に現存する「ミニ架橋」だったが、上掲載の右二例はそれを凌駕する美形だ。左+中央写真は、躑躅山−南間、右写真は、南-大水窟間。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

八通関古道西段-24:躑躅山駐在所−2

Kodou-1371.jpg Kodou-1372.jpg Kodou-1374.jpg
左写真は、台湾二葉松の木立の中の躑躅山駐在所跡地。中央写真は、秀姑巒駐在所方面から入ってくると、躑躅山駐在所敷地入口左の山側に築かれた、人の字型に組み合わされた大陸工法とされる石壁(楊南郡レポートでは「石畳」)。右写真は、同駐在所の敷地端(次のマイルストーンである南駐在所側)に残る土塁(楊南郡レポートでは「夯土牆(こう・ど・しょう)」)、一般の建築工法としては「版築(はんちく)」と呼ぶそうで、日本では築地塀に代表される土壁、土塁の類。下掲写真は、躑躅山駐在所跡地付近で見付けた日本時代の碍子。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

八通関古道西段-23:躑躅山駐在所

Kodou-1368.jpg Kodou-1369.jpg Kodou-1370.jpg
【写真説明】左写真は、中央金礦山屋から登り始め、最初の古道との出会い。笹の残骸が積もっており余り歩かれていないような様子を呈していた。中央写真は、バナイコからの古道へのショートカットとの出会い。ここで、古道を離れてやや急登のショートカットになり、高度を次の駐在所である躑躅山駐在所と同じ3,200メートルまで稼ぐ。右写真はこの分岐点と躑躅山駐在所間の古道の一風景、岩盤が古道開鑿の為に大きく削り出された部分。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

八通関古道西段-22:秀姑巒駐在所−2

Kodou-1365.jpg Kodou-1366.jpg Kodou-1367.jpg
【写真説明】左写真は、中央金礦山屋の向かい側に秀姑巒駐在所跡地を覆う竹藪。中央写真はその跡地から見た同山小屋。右写真は、同山小屋を次の経由地である杜鵑営地に向かうショートカット足る登山道が最初に出遭う古道の進行方向とは逆側の様子、秀姑巒駐在所へ至る段、即ち中央金礦山屋側に戻る格好になる。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

八通関古道西段-21:秀姑巒駐在所

Kodou-1362.jpg Kodou-1363.jpg Kodou-1364.jpg
【写真説明】左写真は、八通関古道西段の入口、東埔温泉から辿れば、通常の二泊目の帰投地となる中央金礦山屋。中央写真はその内部の様子。右写真は、小屋外に設けられたエコ・トイレ。屋根は無いが、地上より一段高く設けられており、用足し中に覗かれることは無い。用足し後は腐植土を投入するよう薦められている。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

八通関古道西段-20:バナイコ駐在所

Kodou-1359.jpg Kodou-1360.jpg Kodou-1361.jpg
【写真説明】左写真は2014年撮影のバナイコ避難小屋。「八通関古道−6」に掲載の同小屋2006年撮影の写真と比較して欲しい。小屋自体は些かの変化も無いが、新しく橋が架かっていた。どちらの写真も大水窟方面を背にして撮影。バナイコ駐在所跡地は、撮影者(筆者)の背中方向約100メートル後方。中央写真は、避難小屋内部。右写真は、バナイコ避難小屋前後の台湾二葉松の美、これも「八通関古道−6」掲載写真と同様。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

八通関古道西段-19:八通関駐在所−2

Kodou-1356.jpg Kodou-1357.jpg Kodou-1358.jpg
【写真説明】左写真は旧古道と観高−八通関間の迂回道の出会いに立つ真新しい指導標。後方に聳える山は八通関山西峰稜線、迂回道は同写真に写る稜線上部を巻いている。中央写真は八通関駐在所跡(同写真右側)とその西側に位置する清代開鑿時付設の営盤、右写真はその拡大図。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

八通関古道西段-18:八通関駐在所

Kodou-1351.jpg Kodou-1352.jpg Kodou-1353.jpg
【写真説明】観高〜八通関の従来の古道に沿ったコースは、古道そのものの殆どが山腹崩壊で消失しているので、今は立ち入り禁止であるが、命と簡便さ(距離・落差・時間)を天秤に掛け、後者を選択したパーティーは、滑落と落石の双方を多数箇所で覚悟しなければならない渡渉を強いられる。その崩壊状況を多く写真に収めたのだが、そのどれもが貧弱な表現に堕してしまったので一枚だけを選んだ。左写真は、崩壊した古道上に辛うじて残った里程標。右写真は、古道と八通関との出会いで、進入を禁じた警告板。下掲写真は、観高〜八通関間の迂回路での撮影。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 20:22| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

八通関古道西段-17:観高駐在所−2

Kodou-1347.jpg Kodou-1348.jpg Kodou-1349.jpg
【写真説明】観高駐在所遺構例を三枚紹介する。右写真は、ヘリポートの端、登山センター上部に立派な階段が残っていたのだが、撮影の角度が悪く判り難いのが残念。これ以外にも塹壕跡、鉄条網等が遺構として存在しており、それは観高坪と中の線の出会いのヘリポートへの降り口右側の敷地内にあることになっているのだが、そこまでは探す余裕無し。下掲載写真は、観高坪の東埔側手前の崩壊部例。(続く)
Kodou-1350.jpg
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

八通関古道西段-16:観高駐在所

Kodou-1343.jpg Kodou-1344.jpg Kodou-1345.jpg
【写真説明】左写真は、東埔側を背にして撮影した観高坪。同写真左側に観高駐在所、観高登山センターへの降り口がある、東埔側に向かって撮影した観高坪の写真は「郡大山−6」に掲載。中央写真はその観高坪に立つ、「東埔温泉まで14.3キロ、八通関まで2.4キロ」の指導標。右写真は、観高坪から観高駐在所跡を襲ったヘリポートへの降り口で、日本時代から残る階段。下掲写真は、観高坪ヘリポート越しに望む中央山脈最高段、稜線の最高点が秀姑巒山(台湾百岳6号、標高3,805メートル)、その左側に連なる稜線がマボラス山(同7号、3,765メートル)、ヘリポート下が登山センターになっている。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 13:12| 台北 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

八通関古道西段-15:対高駐在所

Kodou-1338.jpg Kodou-1340.jpg Kodou-1341.jpg
【写真説明】左写真は対高駐在所跡全景。台中から来たと謂う英語学校のインストラクター三人が野宿の後片付けをしていた。中央写真は、セメント塗の床、駐在所遺構と思われるが、或いは戦後のものかもしれない。右写真は、東埔温泉側からの駐在所への上がり口で、当時の風貌を残す。下掲左写真は、英語のインストラクターのお供のメスの台湾犬。彼女の名前を不覚にも思い出せず。同右写真は、対高駐在所手前(東埔温泉側)の古道惨状。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

八通関古道西段−14:ラクラク駐在所−2

Kodou-1334.jpg Kodou-1335.jpg Kodou-1336.jpg
【写真説明】楽々山屋の山側高台に残るラクラク駐在所跡。左写真はその高台の一番上で長方形の石塁で囲まれた部分で、中央写真に見られような小さな階段の出入口が設けられている。当時の駐在所の写真を見ると駐在所自体はかなり広々とした場所に建てられているので、やはり現在の楽々山屋と小屋続きの広場が駐在所跡かもしれない。高台のものは神社だった可能性もある。そこには右写真のように掘り出された日本時代の瓶が多数放置されていた。その内の一本を持ち帰った。下掲載の一枚は広場の山側に築かれた精緻な石塁の例。(続く)
Kodou-1337.jpg
posted by 玉山 at 00:00| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

八通関古道西段−13:ラクラク駐在所

Kodou-1333.jpg Kodou-1327.jpg Kodou-1328.jpg
【写真説明】ラクラク駐在所の跡を襲った楽々山屋の三枚。左写真は古道中のラクラク駐在所への上がり口、当時の雰囲気をいまだに強烈に残す。実は同山屋は『台湾百岳』「八通関大山−3」でも写真掲載、違いは八年前の写真、この間の変化は太陽電池盤の追加、今現在機能しているとは思えないが。下掲写真は、古道西段、父子断崖に続く白眉、雲龍滝に至る懸垂壁に開削された古道の惨状の一例。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 16:35| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

八通関古道西段−12

Kodou-1322.jpg Kodou-1321.jpg Kodou-1323.jpg
【写真説明】まず、最初の崩壊地が、東埔温泉登山口→三聖宮愛玉亭→畑を登り切り、著名な父不知子断崖(父子断崖)展望台に至る陳有蘭渓と沙里仙渓出会い上部である。過去より崩壊を繰り返し登山道も同時に変移する。左写真はその崩壊地中途、中央写真は崩壊地を渡り切った父子断崖)展望台付近から望んだ。右写真は父子断崖)展望台。通常は重装だと登山口から崩壊地入口までは急登を強いられ難儀だが、今回は我らがポーター「黒熊」の軽トラック(下掲載写真)でその崩壊地入口、最後の畑を登り切った場所まで運んで貰った。そもそもそこまで自動車が上がれることに驚いた。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-西段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

パイワン族秘道−69:ダラダライ社(現屏東県三地門郷達来村)−2

Kodou-1314.jpg Kodou-1315.jpg Kodou-1316.jpg
【写真説明】旧社の案内板に依ると、ダラダライ社から達来村への移遷は五回に渡って行われ、最後は1989年〜1991年に掛けてであったそうだ。左写真は、旧社内の通りの一つ。中央写真並びに右写真は残存する石板屋の二例。下掲左写真は派出所跡、同中央写真は国民小学校跡、同右写真は、小学校校庭跡に設けられた内外者向けの野外活動センター内。再訪を強く希望する旧社の一つだ。(終り)
Kodou-1317.jpg Kodou-1318.jpg Kodou-1319.jpg
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パイワン族秘道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

パイワン族秘道−68:ダラダライ社(現屏東県三地門郷達来村)−1

Kodou-1308.jpg Kodou-1309.jpg Kodou-1310.jpg
【写真説明】左写真は現在の達来村の最上部にある教会の駐車越しに隘寮北渓並びにその奥の北大武山の俯瞰。中央写真は現在の達来村側の指導標の一つ。右写真は、新旧ダラダライ社を結ぶ達来吊橋を旧社側岸から望む。下掲左写真は、旧社への登り途中から新部落を望んだもの。同写真下端やや左側に写る白い構造物が達来吊橋。同中央写真は、旧社入口。同左写真は、旧社内の電柱に示唆されたタライ山三角点方面。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パイワン族秘道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

淡蘭古道−21

Kodou-1305.jpg Kodou-1306.jpg Kodou-1307.jpg
【写真説明】左写真は台湾鉄道頭城駅前の「開蘭第一城」の石碑。その意味は本文記事参照。中央写真は頭城市街地内のアーケードと「亀山朝日」の写真。右写真は、頭城老街内で見付けた。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡蘭古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

淡蘭古道−20

Kodou-1300.jpg Kodou-1301.jpg Kodou-1302.jpg
【写真説明】左写真は北宜高速公路(高速道路)石碇高架橋下に立つ淡蘭古道を含む指導票。中央写真は、この高架橋下に並ぶ古道散策に訪れた車の列。右写真は高架橋に掲示されているプレートの一枚。この石碇高架橋下の淡蘭古道は南北二段に分かれており、北側が高速道路真下に再現された完全舗装道路と南側の曾ての淡蘭便道の面影を残し、やがて石碇老街へ至る段である。下掲左写真はその北側コンクリート古道途中に設けられた休憩所、同右写真は南段古道の一風景。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡蘭古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

淡蘭古道−19

Kodou-1298.jpg Kodou-1299.jpg
【写真説明】新北市石碇区も坪林区も曾ての淡蘭便道上の要所なのだろうが、雪山トンネルを擁する国道5号線、通称「北宜高速公路」が完成し高速ジャンクションが乗り入れするまでは、雪山山脈山間の日本風に言えば寒村では無かったと想像される。高速道路の効果は絶大で、週末は膨大な人と車で賑わう。左写真は、石碇区の中心街やや北側、川は其の名も景美渓、その川に掛かる同写真手前に写るのは淡蘭吊橋、復元された淡蘭古道の一部を形成する。右写真は、坪林区とその中央部を流れる北勢渓。坪林区の特産はお茶で、お茶テーマのオブジェが街中に溢れている。其の中にある坪林茶業博物館内の中庭に、既に紹介した通り、「虎字碑」(オス)の実物が安置されている。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 16:22| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡蘭古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

淡蘭古道−18

Kodou-1293.jpg Kodou-1294.jpg Kodou-1295.jpg
【写真説明】左写真は、跑馬古道南段(下段)出入口に至る自動車道沿いのバス路線図。中央部に同古道の停留所が示されている。中央写真は、古道北段(上段)出入口に立つ「0キロ」の里程標。右写真は南段最下段の「6.5キロ」の里程標。下掲載左写真は、南段最上段=北段最下段にある広場。北宜公路から車で入って来れる。同右写真は、北段途中から礁渓市街地越しに亀山島を望む。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡蘭古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

淡蘭古道−17

Kodou-1288.jpg Kodou-1289.jpg Kodou-1290.jpg
【写真説明】短い跑馬古道北段(上段)は散策する人は少ない。左写真は北段風景、写真に写るように全段木製階段が設けられており、降り切った場所はアスファルトの産業道路と交差、この舗装道路を辿ると南段(下段)の最上段に至る。他方、市街地内に出入口を持つ南段は賑やかだ。中央写真は南段の正式出入口の様子。右写真は、やっと探し出した日本時代の駐在所跡地と思しき場所に残る建造物の残骸、実は当初跑馬古道を探訪する気になったのはこの場所を探しあ当てる為。しかし今でも駐在所名は判らず。本文記事下掲載の二枚は、南段中にある信仰色豊かな休憩所二箇所。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 21:53| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡蘭古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

淡蘭古道−16

Kodou-1285.jpg Kodou-1286.jpg Kodou-1287.jpg
【写真説明】北宜公路最高点付近に出入口がある跑馬古道の北段(上段)を暫く降りると産業道路と交差する。左写真はその交差路に建つ指導標。中央写真は、台湾有数の温泉街、礁渓の市街地内に出入口を持つ南段(下段)中に建つ指導票。右写真は「跑馬古道」も下段(南段)中に、別名「木馬道」の解説板があった。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | 淡蘭古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

淡蘭古道−15

Kodou-1280.jpg Kodou-1281.jpg
【写真説明】「湖底嶺開路碑」の「湖底嶺」は北宜公路最高点北側の峰で、同道路脇にその峰への登山口が開いている。右写真は、北宜公路最高点を同道路東側下から望んだ。時は12月中旬、薄が見事だった。下掲載の三枚の写真は、北宜公路東側終点頭城鎮の街中心部にある再開発された古い町並みで、見事に復元されている。何故今回掲載したか?は本文記事を参照。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 23:57| 台北 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡蘭古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

淡蘭古道−14

Kodou-1276.jpg Kodou-1277.jpg Kodou-1278.jpg
【写真説明】宜蘭庁庁長 西郷菊次郎建立の「湖底嶺開路碑」、今は当時の碑文は全部削り落とされ、全く別な石碑になっているが、元々起立していた場所から動かされていない、というより巨大過ぎて動かそうにも動かせないような岩盤を利用してある。左写真の「金面体観」の側が台北側を向いており県界公園の駐車場に車を停めた行楽客の目に飛び込んで来るのはこの面である為、当該石碑の正面のように思えるが、実際は裏である。同碑左下に二本の線状の物が見えるが、オリジナルの碑文を埋め込んだ跡である。中央写真は、碑の裏側、オリジナルの石碑正面。右写真はその表側上部、児玉源太郎揮毫の「平塹雲開」の文字が刻まれていた部分ではないかと想像する。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡蘭古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

淡蘭古道−13

Kodou-1275.jpg Kodou-1272.jpg Kodou-1273.jpg Kodou-1274.jpg
【写真説明】「北宜公路」の最高点、「石牌県界公園」(左写真)内の石碑(牌)群。左二枚目から「(旧台北県・宜蘭県)指導標」(右)と「虎字碑」(左、レプリカ、本物は「淡蘭古道−8」参照)、三枚目「北宜公路殉職先霊記念碑」(同写真手前の円形のレリーフ上の全訳は前回記事に附した)、右写真「跑馬古道」碑(北側出入口)。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 19:46| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡蘭古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする