2008年12月13日

『水の古道』二峰[土川](1)

Kodou-306.JPG Kodou-307.JPG Kodou-308.JPG
【写真説明】左写真は来義郷丹林村復興社区、パイワン語の漢音表記は喜楽発発吾社にある森林公園の中に置かれた「太陽之子排湾的栄耀」と題されたレリーフ。小振りだが実に気持ちの良い公園である。同公園内にパイワン族の石板屋を模した「二峰[土川]水資源歴史文物館」があることになっている。なっていると書いたのはこの文物館がオープンしたは2005年9月なのだが、一体何時一般の参加者に解放しているのか皆目見当が付かず、最近出掛けた折も日曜日だったにも拘らず閉まっていた。看板も掛かっていない。恐らく学童の為の教育資料館みたいな利用のされ方になっていると思う。この村で日本時代に建設された二峰[土川]を通じ地下を運ばれた水は地上に姿を現す。中央写真は、二峰[土川]が地上に出て来る場所、左側の水路の方で、灌漑用水路。その左側水路が溢れると真ん中の堰を介して右側水路に流れ出し林辺渓へ戻っていく。手前に写る水門の部分は戦後のものだが、二つの水路並びに両側の堤は日本時代のまま。実に鮮烈な水が滔滔と流れており驚く。右写真は二峰[土/川]に架かる水門の一つ。水門の上部構造は戦後のものであるが下部は日本時代のものを流用している。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 『水の古道』二峰[土川] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

『水の古道』二峰[土川](2)

Kodou-309.JPG Kodou-310.JPG Kodou-311.JPG
【写真説明】屏東県来義郷古楼村入口付近に台湾糖業公司(台糖)の万隆機庫がある。台糖がいまだに所有する農場で使うブルドーザー等の大型建機の駐車庫兼修理工場である。もともとは台湾製糖株式会社が所有していたものだ。そこの門の前に円形の堰があり、そこで[土川]は三本の水路に分岐する。「分水閘」の字が使われているのが左写真で日本時代の遺構であるが現役である。日本語で何というのかは判らない。中央写真はその分岐した水路の一つ、実に鮮烈な水が落ちる。右写真は同じく分水閘傍にある同じく台糖所有の空き地に残る日本家屋で今は作業小屋兼休憩所である。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 『水の古道』二峰[土川] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

『水の古道』二峰[土川](3)

Kodou-312.JPG Kodou-313.JPG Kodou-315.JPG Kodou-314.JPG
【写真説明】第二回目の記事で紹介したように本来は河床下にあり伏流水を集める機構であるはずの「地下堰堤」は既に露出している。左写真がそれである。これは河床石礫の商業用乱採掘の結果とされている。二枚目写真は、地下堰堤中の「集水廊道」を通ってきた伏流水の引き出し口に設けられた「進水塔」、日本時代の建築物である。三枚目写真はその内部。右写真は進水塔を経由した伏流水がトンネルから出て来る様。このトンネルも日本時代の遺構である。
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 『水の古道』二峰[土川] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

『水の古道』二峰[土川](4)

Kodou-384.JPG
【写真説明】來義国民小学校の図書館に仮安置されている鳥居信平の銅像。今週火曜日6月23日、T博士の撮影である。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 08:29| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 『水の古道』二峰[土川] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

『水の古道』二峰[土川](5)

Kodou-426.JPG Kodou-427.JPG Kodou-428.JPG
Kodou-430.JPG Kodou-431.JPG Kodou-429.JPG
【写真説明】2009年8号台風「モーラコット」が台湾に齎した惨状は衆知である。私が確認しに出掛けたのは林辺渓と高屏渓沿線である。二峰[土川]の起点となる来義方面は実はG博士が先に出掛けて報告してくれていたので、大体は想像が付いていたが、現実は酷いものだった。

鳥居信平の地下ダムの様子と、地下ダム脇にある倒壊した取水塔はその象徴みたいなもので、既に平野久美子氏が自身のHPで紹介しておられる。鳥居信平の銅像が安置されていた来義国民小学校の校庭の半分程がえぐられ消失していたのには驚いた。その銅像は先の記事で紹介した公園入口に移されていた。

平野氏も書いておられるが、消失した(実は露出した地下ダムを來社渓が運んだ土砂が埋めてしまった)地下ダムと、倒壊し摺り落ちた格好になった取水塔を見れば、約九十年持ちこたえた画期的なシステムもとうとう幕を引かざるを得ないと誰もが思うが、実際は相変わらず水は滔々と流れ続けていた。その鮮烈な流れに新ためて驚嘆した。

以下掲載写真について簡単な説明を加える(1段目左から@、A、B、二段目左からC、D、E):

@来義小学校の傍にある公園に移された鳥居信平の銅像。二峰[土川](4)の写真と同一銅像。A川が運んだ土砂に地下ダムが埋もれた様子。二峰[土川](3)の1枚目の写真と比較して欲しい。B二峰[土川](1)の中央写真の水門を逆方向から望んだもの。水量に全く変化が無い。C途中、山側が土砂崩れを起こし二峰[土川]を埋めた格好になっている箇所があったが、水は流れ続ける。写真左手前に見える水路側面は日本時代のまま。Dその先の地下トンネルに流れ込む様子。[土川](3)の右端写真は同トンネルの出口である。これも日本時代のまま。E来社渓(林辺渓)をライ社方面に望む。川岸左側が来義国民小学校。川岸右側の崩壊部上辺にタナシウ社(現来義郷丹林社)に向かう登山道が付いており、丁度その登山道に沿った形で崩壊している。丹林村と来義村を繋ぐ左岸自動車道は消失している。(終わり)
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 『水の古道』二峰[土川] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする