2016年10月22日

安通越嶺古道−1

Kodou-1810.jpg Kodou-1811.jpg Kodou-1812.jpg
【写真説明】安通越嶺古道の西側起点を安通温泉と紹介されることがある。玉里市街地の東側に掛かる玉里大橋で秀姑巒渓を渡り、省道30号線が海岸山脈を登り始める袂、同省道北側に小さな今は瀟洒な温泉街がある(左写真)。日本時代の玉里温泉である。その温泉街入口付近に贅沢な造りの「安通温泉大旅社」が構える。「安通温泉旅舎」として花蓮県の歴史建築に指定されている(中央・右写真・下掲)。これらの写真は2010年に撮影したものだが、今現在も温泉街の規模は変わらない。花蓮県内には瑞穂、紅葉と日本時代開発の温泉街があるが、安通を含め、花蓮県三大温泉と称されている。その中でも日本家屋の復元・模造状態は安通温泉大旅社は第一等である。筆者自身はまだ玉里温泉の湯を堪能する機会を逸したままなのだが。

久々に新たなカテゴリーで古道一本紹介する。台湾五大山脈の一つ、海岸山脈を横断する古道の代表である安通越嶺古道である。海岸山脈は太平洋側東海岸と中央山脈との間に狭隘に形成された山脈で、海岸山脈と中央山脈の間のこれも狭隘な平坦地は、花東縦谷と通称され、日本人が開墾した稲作地帯が当時の風情を残したまま広がる。花東とは花蓮県と台東県を合併した単語である。現在花東縦谷を縦断する交通路は省道9号線、通称花東縦谷公路と台湾鉄道花東線だ。海岸山脈を横断する古道とは、花東縦谷と太平洋岸を結ぶ為に開鑿されたものである。海岸山脈に関しては、ウィキペディア日本語版に簡明な紹介があるので、以下抜粋しておく:

「海岸山脈は台湾の山脈。台湾島東部を南北に縦貫する山脈で、台湾の五大山脈の一つ。北は花蓮県から南は台東県まで、その長さはおよそ150kmに及び、東西の幅は約10kmとなっている。一般的に、海岸山脈を横断する秀姑巒渓を境として南北2つに分けられる。」

[南部]瑞穂郷奇美よりも南が南部になる。南部を構成する主な山は、北から里牙津山、三間屋山、北花東山、成広澳山、新港山、都蘭山などがあり、南端で卑南渓に達する。この間、東河と富里を結ぶ東富公路、台30線玉長公路、安通越嶺路などの古道が山脈を横断している。山々の標高は1,000m前後で、おおよそ北から南に行くにつれて高くなっている。最高峰は標高1,680mの新港山。」

無論、中文版は更に詳しい説明が加えられているが、日本語版ですら、安通越嶺古道の記載があるぐらい人口に膾炙していると言える。

現代の安通越嶺古道は、西側花蓮県玉里鎮楽合里と東側台東県長浜郷竹湖村を海岸山脈越しに結んでいる。この間、国家歩道として整備されているのは、西側2.3キロ、東側3.5キロの合計5.8キロだが、実際ハイカーが古道を辿る場合、国家歩道として整備された以外の産業道路等も辿る必要があるので、それらの部分も合わせると、西側6.5キロ、東側8.8キロ、合計15.3キロが安通古道と称され一般の探訪に供されている総延長である。

現在、この古道は総延長16.22キロの省道30号線、通称玉長公路(玉里−長浜)に取って替わられている。海岸山脈越えの部分は2.66キロのトンネル(「玉長隧道」)が穿たれていることもあり、北から、省道11号甲線、同30号線、同23号線と三本ある海岸山脈横断自動車道の中では最も短い。このことは、清代開鑿から省道30号線が開通するまでの間、安通越嶺道が果たして来た役割を代弁するものである。(続く)


Kodou-1813.jpg Kodou-1814.jpg
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 安通越嶺古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック