2006年08月01日

六亀特別警備道(扇平古道)−4

Kodou-4.JPG【写真説明】東海道第二十二宿の名を冠した藤枝国家森林遊楽区の中の一風景。高雄県では有数の観光地、週末には観光バスが多数乗り付ける。但し最近は台風に伴う大雨で閉園に追い込まれることが多い。園内に藤枝駐在所の遺構が残る。この遊楽区は石山林道、出雲山林道の入り口でもあり両者とも中央山脈南一段への登山道であり同時に嘗ての理蕃道の一部を形成するが、これらも崩壊することが多くしばしば入山を制限される。写真はオオタニワタリである。日本では観葉植物であるが台湾では山中ごく一般に見られ若い葉は食用に供され台湾料理の一つ。藤枝の名はこの外に部落名、山名として今でも残る。

六亀警備道の線上に現在二つの森林遊楽区、藤枝国家森林遊楽区と扇平森林生態科学園(旧林務局扇平林業試験場)があり、共に茂林国家風景区の中に含まれる。この二つの森林遊楽区は日本時代、六万ヘクタールに及んだ京都大学の演習林の一部だったものである。当時の台湾には京都大学以外に東京大学(当時の新高郡・竹山郡)、北海道大学(同能高郡埔里)、九州大学(同台北州文山郡)が演習林を総督府から払い下げられており、京都大学の演習林面積が一番広大だった。

藤枝はその名の通り東海道筋の宿場町の名前を冠したもので今でも園内に駐在所跡が残る。扇平という地名は日本の各所にあるが、日本時代から今の地が扇平の名前で呼ばれていたような形跡が無く、戦後何故このような日本風な名前が付けられたのか定かではない。藤枝森林遊楽区に入る為には入山証、入園証等の取得は必要ないが、扇平科学園の方は入山証の取得に加え予め予約する必要がある。両園とも昨年の台風禍で途中の林道が崩壊して最近まで入なかったが、やっと復旧しそうな見込みが立ち始めた頃、先般の梅雨に因る集中豪雨が到来、開園が先延ばしにされている状態にある。

鳴海三山の稜線と鳴海山の北に位置するこの扇平生態科学園を結ぶ登山道を今では扇平古道と称する場合があり、通しで十キロにも満たず四時間ぐらいで歩き通せる。加えて、登山口の標高が既に千メートル程あり三山の標高が千五百メートル程度なので起伏が小さく、道はよく踏み歩かれ、沿線の樹相も美しく日帰りハイキングには最適な場が提供されている。この扇平古道が狭義の古道としての六亀警備道であり今現在唯一一般の人が登山道として歩ける部分である。

当時、原住民を包囲するとは山奥深く追い上げ締め上げるということを意味しており、六亀警備道のごく一部には過ぎないとは云え、鳴海三山の稜線から[艸/老]濃渓を見下ろし、又逆に[艸/老]濃渓沿いにこれらの山の稜線を見上げる時、当時の包囲網線=隘勇線が持つ原住民族に対する過酷さの一端が透けて見える。古道上には所々木の枝に引っ掛かっている鉄条網と碍子(がいし)の一部が残っているらしいが私自身はまだ目にしたことがない。>(メルマガ「台湾の声」2006年7月3日掲載分終わり)
posted by 玉山 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 六亀特別警備道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21787723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

台湾料理
Excerpt: 台湾料理台湾料理は、台湾で食べられる料理のうち、主に福建料理をベースとして、台湾で発展した料理を指す。食材ではカラスミや新竹市|新竹地方のビーフン|米粉(ビーフン)、また料理では台南地方の担仔麺(担々..
Weblog: 台湾ファン
Tracked: 2006-08-03 03:10