2013年10月05日

八通関古道東段−4

Kodou-1187.jpg Kodou-1188.jpg Kodou-1189.jpg
【写真説明】日本時代、原住民に依り馘首された巡査、警察官等の遭難碑・慰霊碑の類は、いまだに台湾山中に多く残るが、サイズと保存状態の良さでは、「カシバナ事件殉職者之碑」が第一等だと筆者は考えている。八通関古道東段入口から約9キロの地点に位置している。「日経ギャラリー」2009年7月号(NIKKEI GALLERY Vol.74)掲載写真は2008年2月当時筆者が撮影した中から一番見栄えの良さそうなものを選んだので、そちらも参考にして欲しいが、今回の投稿には、碑が現存する場所手前の古道の景観と碑そのものが、古道から僅かばかり土盛した場所に起立している様子を掲載した。本文記事下の掲載写真は、古道東段蕨歩道全長14キロ間で少なくとも二基現存する「台湾総督府交通局遞信部」基石の刻字拡大、その基石全体写真は過去「蘇花古道−21(大南澳越嶺段−4)」で紹介済みである。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-東段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

八通関古道東段−5

Kodou-1192.jpg Kodou-1193.jpg Kodou-1194.jpg
【写真説明】左写真は、黄麻駐在所跡。中央写真はその遺構の中にある貯水槽跡か?右写真は同駐在所脇を通る古道がカシバナ事件殉職者之碑方向へ抜けていく辺りに残る駐在所遺構、石垣と階段。下掲写真は、同駐在所跡に掘り出され放置されてあった日本時代の瓶、「サクラ」の銘あり。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-東段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

八通関古道東段−6

Kodou-1196.jpg Kodou-1197.jpg Kodou-1198.jpg
【写真説明】左写真は八通関古道東段入口から丁度10キロ地点、山風入口を背にして古道左側上辺りに駐在所は存在したのだが、定位置は確定出来なかった。中央写真は同地点で見付けた駐在所遺構の一部らしき石垣。右写真は、蕨側を背にして古道入口方面を望んだ。右写真では桃林駐在所跡は右側。下掲載写真は、蕨歩道を山風入口に戻る際、黄麻2号橋→桃林駐在所→黄麻1号橋の順で辿るが、桃林を過ぎ、1号橋手前の古道の景観とその石壁に置かれた猿の頭骨。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 08:24| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-東段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

八通関古道東段−7

Kodou-1202.jpg Kodou-1203.jpg Kodou-1204.jpg
【写真説明】左写真は蕨駐在所跡へ導かれる木立と古道。中央写真は、日本時代の蕨駐在所跡地に建てられた山小屋。当時撮影した当該山小屋の写真はこれ一枚のみ。外部の水タンクとか小屋内部の様子を撮影した記憶があるのだが、何故か見当たらない。右写真は蕨山小屋の外側壁に貼られたアドレス・プレート、当該地の正式な地名と番地になる。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 16:38| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通関古道-東段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする